「りょう」のボイスブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS とあるオーディションの予選を終えられた方々へ

<<   作成日時 : 2012/08/01 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とある大規模オーディションの予選合否が本日発表されました。
臨時ではありますが私が教えている生徒から様々な反応が帰って来てます。
そこで今日は、その生徒及びそのオーディションに参加した方向けに一言お伝えしたいことがあります。


ツイッターなどでこの記事を見た方は、オーディションに参加した他の方々に伝えていただけると幸いです。


■合格発表(本戦進出)の方々へ
本戦進出はただ単に通過点でしかないので、これに奢る事無く、更に自己PRの精度をあげて本戦に望むこと。褒めろよって思うかもしれませんが、ここはまだ通過点です。
この通過点で満足していては次の本戦で間違いなく落されます。
今度の相手は学校の先生では無く、プロダクションのマネージャーであり、規模が格段にあがります。今回採用された自己PRで納得せず、更に思考を凝らし、さらに良い自己PRにしていきましょう。

一喜一憂することなく、心の中で今の自分が評価されたことを噛み締め、今度はプロを相手に戦ってください。
でも、頑張りは褒めたいと思います。お疲れ様でした。
本戦で会いましょう。


■不合格だった方々へ
「自分の実力が無かった」「何かを言い訳に自分の実力を出せなかった」様々な理由があるかもしれません。でも、世の中「出たものが全て」なのです。

今回の参加者の中には本番緊張するからと言って、自己PRを2週間前に完成させ、ひたすら何百回も練習した生徒もいます。その子は合格しています。

今回の不合格で「実力が無いなど」を自分で落胆している暇があるのであれば、今回の敗因を自分なりに考え、そこを治していく、次の機会には絶対同じミスをしないように、必ず対策を考え実行してください。
わからなければ聞いてください。悪い部分を教えます。

「担当した先生が悪かった」「そもそもあまり考えてなかった」という言い訳は論外です。役者を目指す以前の問題です。

-------------

ただ、このオーディションが最終な訳ではありません。
本当に大切なのは、プロダクション直属オーディション。
あくまでこのオーディションは通過点でしかありません。
その通過点で一喜一憂しては、ここで終わりです。
結果の良し悪しに関わらず、結論は明日からさらに頑張るのみです。

一緒にがんばっていきましょう。


PS:自己PRの添削(作ってきたものに対するアドバイス)した件数は「生徒数:200名のうち、たったの5人」でした。その5人は合格しています。…使えるものを使わないのは損ですよ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とあるオーディションの予選を終えられた方々へ 「りょう」のボイスブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる